« 高丘映士が生まれるまでの時間の流れ | トップページ | そんな言い方は無いと思うが »

にゃに〜? ミニトークLiveが と鼓童

みなさん、ご存知でした?

舞台の後に「ミニトークLive」がある事を(^^;

カートのホームページに行ったら詳細書いてますよ(^^;
ゲストはそちらを参照の事。
千秋楽はいしだ壱成くんも。


ちょっと前のVBで鼓童のことを書いてましたね。
出合さんのブログの※に書いたことで恐縮ですけど。

和太鼓自体はまあ興味があるんですね。
叩いてみたいだけなんですけど(^^;
高校の頃、学校の和太鼓を叩いてみたいねぇ〜ってパーカッション(太鼓さんチーム)の子と良く話をしていましたから。(自由に叩かせてもらえなかったため)

和太鼓の演奏を奨んで聞くとまではいきませんが。

で、その昔と言う程でもないか。
2000年にNHKで放送されていたコンサート。
オーケストラの後ろに大きな和太鼓。
野外ホールでの演奏会。
さて、どこかと申しますと。

オーストリアのワルトビューネ野外音楽堂(ベルリンの郊外)(@o@;
演奏はベルリン・フィルハーモニー管弦楽団。(ホームページはもちろんドイツ語)
指揮はケント・ナガト

で、肝心の和太鼓奏者は。
「鬼太鼓座」「鼓童」の創設メンバーの林英哲(はやしえいてつ)さん。(結構スゴい人らしい(^^;)
曲名は松下功さんが作曲した
和太鼓変奏曲「飛天遊」(ちなみに初演ではないが)

DVDも出ていて
「ベルリンフィル・ヴァルトビューネ2000」

曲目リストの中に林さんの曲かな?
「宴」という曲もありますよ。

まあ、変わった曲もあるということでご紹介。


和太鼓の演奏会ってもちろん見た事無いけど、打楽器の演奏会と言うのはよく聞きに行ってました。
打楽器って聞かせるのも大事なんですけど、パフォーマンスで聞かせると言うのも重要だと思います。
音が単純なだけに叩く動作に音の印象を与えるんですよね。
叩いて出す音は短い音型なんですけど、動作によって長い音符を演奏しているように聞こえちゃうんですよ。
見ていて飽きないです(^^)

和太鼓もある意味、パフォーマンスの音楽ですよね。
洋の東西に係らず、叩いて音を出す楽器は叩く動作も重要だなと、当たり前なんだけど今更そう思った次第です(^^;
まあ、楽器を演奏するときってどんな楽器もパフォーマンス的な要素も必要な事もあるんですけど。
特に、「コンクール」系は演奏する曲の雰囲気を思いっきり醸し出さないと審査員や観客に対するアピールが下がっちゃうんですよねぇ。

ホント今更こんな事書いてたら笑われるな(^^;

ははは(^^;

|

« 高丘映士が生まれるまでの時間の流れ | トップページ | そんな言い方は無いと思うが »

俳優 出合正幸さん」カテゴリの記事

コメント

If you are in the corner and have no money to get out from that point, you will require to take the personal loans. Just because that would aid you definitely. I take consolidation loans every year and feel myself good because of it.

投稿: TraciHartman21 | 2011年7月16日 (土) 20:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101140/16716926

この記事へのトラックバック一覧です: にゃに〜? ミニトークLiveが と鼓童:

« 高丘映士が生まれるまでの時間の流れ | トップページ | そんな言い方は無いと思うが »